精密根管治療ナビ

9:00-13:00
14:30-18:00 -

患者さま専用ダイヤル

0120-570-996

精密根管治療ナビ

Image is not available
Image is not available
Image is not available
Slider

抜歯宣告をされた歯を救う
鈴木歯科医院の精密根管治療

根管治療専門の歯科医師に診てもらった方が良いと言われた方
半年以上、根管治療をしつづけている方
通っている歯科医院で「この歯はダメなので抜きましょう」と言われた方
インプラントも入れ歯も、嫌だという方
など

高度な精密根管治療を全ての患者さまへ

虫歯が悪化して歯を抜くしかないと言われた・・・
神経を取ったのに痛みが取れない・・・
神経を取っているのに歯ぐきが腫れる・・・
何回も根の治療をしているのに再発してしまう・・・

10年以上の経験ある顕微鏡を使った根管治療
ラバーダム、顕微鏡、超音波発信器、EDTA洗浄等を駆使して、根管内を無菌化し、根管内を緊密に充填します。
顕微鏡(マイクロスコープ)無くして精密根管治療は成し得ません。

詳しく見る

当院で行う精密根管治療の流れ

実際、根管治療の流れや治療回数など気になる方へ
お一人の患者さんに対して1時間から2時間と治療に時間をかけるのは通院回数を少なくするばかりでなく、集中して丁寧に治療を行うためでもあります。

詳しく見る

根管治療にかかる費用について

精密根管治療は、狭くて複雑な形態をした感染根管を綺麗にするには、かなりの専門的な技量や経験が必要です。
また治療時間も一回に1時間から、場合によっては2時間ぐらいかかります。
当院では患者さまへ最良の結果をもたらせるよう最善を尽くします。

詳しく見る

鈴木歯科だからこそ
できる治療があります

他院での治療に不安や悩みを抱えている方はお気軽にご相談ください。
下記のような悩みを抱えている方が多く来院されています。


根管治療専門の歯科医師に診てもらった方が良いと言われた方
半年以上、根管治療をしつづけている方
通っている歯科医院で「この歯はダメなので抜きましょう」と言われた方
インプラントも入れ歯も、嫌だという方

セカンドオピニオンについて

口の中は細菌だらけです。根管治療中に、この細菌が根管の中に入るようでは意味がありません。そのため必ず患歯にラバーダムを装着して、患歯を隔離し、感染防止をしながら治療を行います。
しかし、患歯はほどんど歯の形が崩れており、このままではラバーダムを装着できません。
それで、まず崩れた歯の壁を修復し、ラバーダムがかけられるようにします。これだけで1時間以上かかることがあります。

根管(歯髄組織が入っていた空間)の内部は光が入らず、暗くてまったく見えません。そのため手探りで治療しなければなりませんでした。
しかし治療用の顕微鏡には特殊な光学装置がついているため、根管の奥深くまで光が入り、しかも拡大して見えるため、治療成績は飛躍的に向上しました。

根管治療の周辺機器は顕微鏡にとどまりません。
閉塞した根管を追跡してゆく超音波発信器、狭い根管腔を探ってゆく自動根管拡大機等などがあり、状況に応じて使い分けます。

治療中は何回も何回も洗浄消毒し、終わりのころに、根管の中にEDTA溶液を満たして各根管一本当たり、1分から2分ぐらい超音波洗浄します。
これで根管の内壁にびっしりと付着していた細菌叢が剥がれ落ち、根管内の無菌化につながります。

根管治療の目的は根管内の無菌化と、根管内の緊密な充填により、根管の再感染を防ぐことです。
以上の方法は他の歯科医院ではほとんど行われておりません。
当医院では十数年間、独自の工夫をしながら日々進歩してまいりました。

アクセス

根管治療に関するご質問・ご相談、治療のご予約はお電話でお願いいたします。

根管治療に関すること以外にも、歯やお口のお悩み、歯の健康に関する疑問や不安、治療法に関することなど、皆さまの良き理解者としてお応えしたいと考えております。

9:00-13:00
14:30-18:00 -

お知らせ

一覧を見る

ブログ

一覧を見る