9:00-13:00
14:30-18:00 -

患者さま専用ダイヤル

0120-570-996
根管治療と歯の神経について

根管治療と歯の神経について

根管治療の重要性

家を建てる時に、基礎工事が重要であることは広く知られていると思います。

根管治療は歯の治療の基礎工事にあたり、どんなに綺麗な歯を被せても、適切な根管治療がされていない歯は長くもちません。

根管治療がしっかりされていないと、後々に根尖性歯周炎になり、根の先端が化膿したり、痛みがでるからです。

根管治療はどこの歯科医院でも頻繁に行われる治療ですが、アメリカでは歯内治療専門医が存在するほど難しい治療の一つです。

その理由の一つは、根管は複雑な構造にも関わらず、直接見ることができず、治療は手探りであることや、目に見えない細菌を除去しなければならないことがあります。

歯の神経の重要性

歯髄(歯の神経)を取った歯は折れやすくなることが最大の問題になります。

歯髄の役割

歯髄の役割

【1】 歯髄の役割

象牙質への栄養供給

歯髄中の血管を通じて歯を作る象牙芽細胞に栄養を供給している。

【2】 歯の知覚

歯髄に伝わった刺激は種類に関わらず痛みとなる。

痛みにより、 虫歯に気づく事ができます。

【3】 刺激に対する防御反応

第二象牙質を作ることにより歯の厚みを増し、虫歯に抵抗し、 痛みを防ぎます。

歯髄を取るとどうなるか

【1】 歯髄を取ると、象牙質の弾力性がなくなり、また歯が薄くなるため折れやすくなる。

【2】 痛みがないため虫歯の発見が遅れる。

【3】 歯が変色する

【4】 歯髄を取る方法は必ず成功するとは限らない。

【5】 歯髄の防御反応がなくなる。