9:00-13:00
14:30-18:00 -

患者さま専用ダイヤル

0120-570-996
根管治療を成功させるために

根管治療を成功させるために

根管治療、トップクラスのレベルを目指し、治療を成功させるために

Point.1
再発防止のための感染対策『ラバーダム』

根管治療を行うには先ず何と言っても、必ずラバーダムを患歯にかけ、これを隔離しなければなりません。
ラバーダムを装着すると根管治療は清潔・安全に、また安心して行う事が出来ます。根管治療にとってラバーダムの装着は必要不可欠なのです。

しかし、問題がもう一つあります。
歯の形が崩れてしまっている歯にラバーダムをかける事は容易ではありません。これを可能にするには、最新の接着技術を応用し、元の歯の形に近い状態を作ります。
このようにして、始めて患歯にラバーダムをかける事が出来るのです。
大変手間がかかりますが、当院は全てのケースにおいて、この段階から治療を開始致します。

ラバーダムの効果
1
治療が丁寧に綺麗に行える

必ずラバーダムを患歯にかけ、これを隔離し、清潔・安全・安心を保てます。
※全ての歯にラバーダムはかかりません。その為に治療に入る前に患歯にラバーダムがかかるよう下準備をします。

2
治療歯の清潔な状態を保つ

唾液や舌との接触が防げるので、清潔で乾燥した状態で治療が可能となります。

3
治療を受ける安心感

ラバーダムの効果を知ってもらうことで、より治療への安心感を感じていただけると考えております。

1.

2.
3.

1.金属冠を外したところ、ラバーダムをかける壁がありません。
2.欠けていた壁をつくって、ラバーダムをかける準備をしました。
3.これでラバーダムをかけ、安全で清潔な治療が出来る環境が整いました。

Point.2
安心できる根管治療を行うための心強い味方 『マイクロスコープ』
&顕微鏡を使った根管治療(マイクロエンドドンティクス)
マイクロスコープとは、簡単にいうと医療に使う顕微鏡のことです。
その顕微鏡を使った根管治療のことを、『マイクロエンドドンティクス』と呼んでおります。

根管治療では、細く曲がった根管にある細菌をいかに取り除くかが重要になってきます。
そこで登場するのが、この特殊な顕微鏡です。

従来の根管治療技術では、きれいな治療が出来ない事がありました。それは、見えない所を手さぐり、指さぐりで治療を行っていたからです。

根管が少しでも石炭化して閉塞してくると、もうお手上げでした。

しかし、顕微鏡を使うと今まで見えなかった所がハッキリと見えるようになり、又、超音波振動のチップを根管に当てて、目で見ながら根管を拡大・洗浄出来るようになりました。

マイクロスコープを使用すれば、とても複雑な根管の先端までピッタリお薬を詰めることも可能です。こうした精密な歯科治療を行うには、 マイクロスコープは必要不可欠です。
当院ではいち早くこの治療法を導入し研究を積み重ね、マイクロスコープを駆使して、精密な歯科治療を行なっております。

マイクロスコープ(顕微鏡)の効果
1
複雑な根管の先端までお掃除でき、お薬をピッタリ詰められる

歯の根っこはとても複雑です。そうした状況の中、マイクロスコープスコープを使用することで、根管の先端まで無菌化して、その空洞を緊密に充填する事ができます。

2
削りすぎることがない

マイクロスコープを使用すれば、トラブルのある部分のみをきれいに拡大、清掃、無菌化する事ができます。

3
使いこなすための豊富な経験

マイクロスコープは、導入さえすればすぐ上手に使いこなすことができるというものではなく、使いこなすまでに時間がかかる医療機器です。
当院では当院はいち早くこの治療法を導入し、研究を積み重ねて来ました。

4
高性能な機材なため、導入するのが困難

マイクロスコープは、価格的にも決して安いものではありません。これらがネックとなり、多くの歯科医院での導入が遅れているのです。
実際、全国でもマイクロスコープを導入している歯科医院は、数%しかないと言われています。

5
上顎大臼歯は第四根管まで確認できる

通常では上顎大臼歯は、三本の根管を治療しますが、実際は四本目の根管が隠れていることが多く(第四根管)、これが治療できていないので完治していないケースが多く見られます。
マイクロスコープを使うことで、より細かな対応が可能となります。